【コンサルティングや経営支援業務をしたいなら経営支援に特化した税理士法人スーゴルへ】
税理士の独占業務には「税務代理」「税務書類の作成」「税務相談」がありますが、これらの業務以外にも、コンサルティング・アドバイザリー業務、事業承継等の出口戦略支援の業務もあります。
しかし、規模の小さな事務所の場合、携われる業務が限られてしまうケースも多々あります。

会計事務所、税理士事務所で働く人の中には、「アドバイザリー業務をしたい」「将来、独立して自分の事務所を開業したい」と考えている人もいると思います。
そのためには、さまざまな知識や経験を身につける必要があるので、さまざまな業務に携われ、知識や経験を積み上げることができる税理士法人への転職、スキルアップを図ることをおすすめします。

スーゴルには、会計事務所から税理士法人へ転職して、経営支援税理士として現在、活躍している社員がいます。
また、将来的なビジョンとして、スーゴルグループ”OO支社”や”OO事務所”の創出も考えているので、独立したいと思っている方はぜひご応募くださいね。

Soogol Management株式会社

Soogol Management株式会社

経営支援税理士
コメント
【高い営業力で成長の環境が広がる】
スタートアップ、中小企業を中心に業界、業種を問わず、クライアントは約1,500社となり、年間100件ペースで新規クライアントが増加しています。
新規クライアントが安定獲得出来ているのは、マーケティングを強みとした高い営業力と、契約前の相談から真摯に向き合い信頼を獲得できた結果だと考えています。
高い営業力はもちろんのこと、特にクライアントへ真摯に向き合い、サービスを提供することを何よりも大切にしています。
このように弊社では、多くのクライアントへサービスを提供しているからこそ、業界、業種問わず、抱えている経営課題も様々なクライアントの経営支援に携わることが出来ます。
多種多様なクライアントの経営支援を行うことで、様々な経験を積んで成長し、これしか出来ないではなく、様々な状況のクライアントの経営支援を行えるようになります。